台湾の高山の花と山岳風景、日本での日常生活をお伝えします。


by xgxkk396
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ツツジと南湖大山

南湖大山付近のシャクナゲは1週間前に見頃を迎えたようだった。
特に南湖大山手前の五岩峰の西麺はシャクナゲの群生地になっている、
しかしここのシャクナゲは見頃を既に過ぎ殆どが茶色く花が枯れてしまっていた。
ツツジは未だ3千メーター付近を上昇中で未だこれからが見頃と云った感じ。
ツツジと中央尖山(3705m)
f0220774_17212225.jpg

ツツジと南湖大山
f0220774_17223299.jpg

南湖大山は見る方角で山の形が大きく変わって見える。
f0220774_17235951.jpg

近くになると横に長い峰が続く、全く違う山に見える。
f0220774_17261180.jpg

2日目の雲稜山荘での夕食の内容
f0220774_1727385.jpg

他のグル―プの食事が残り美味しそうな料理はつまみ食い出来るのが山の良さだ。
調べても分らない蘭系の花清楚で綺麗な花だ。
f0220774_17305682.jpg


今まで集めた情報通り南湖大山は台湾を代表する氷河地形の関係で
高山植物は豊かな感触を得る、今後雪山同様に
月一で撮影に入りたくなった。
[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-30 17:33 | 台湾の高山植物、山野草の花
5/23より5天4夜で南湖大山3742mに撮影登山に行く。
4日間ともに天気に恵まれ最高の撮影登山が出来今は疲れよりも
満足感でいっぱいの状態。
4日目にして漸くと目標の南湖大山頂上を目指し
夜中の3時起床軽く朝食を済ませ3:55出発
日之出時間の6時03分前に何とか頂上にたどり着く。
南側の三角に尖がった中央尖山が朝日で赤く染まるモルゲンロート。
f0220774_18265632.jpg

南湖大山の頂上東斜面のシャクナゲの群落も赤く染まる。
f0220774_1828228.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-28 18:28 | 台湾の高山植物、山野草の花

玉山の花

台湾の草花は日本の花と良く似た花が多く親しみがわく。
ウツギ
f0220774_17161580.jpg

トキワハゼ
f0220774_17172641.jpg

イチヤクソウ
f0220774_17181626.jpg

カラマツソウ
f0220774_17192640.jpg

シラタマニキ
f0220774_17201631.jpg

レンゲソウ(ゲンゲ)
f0220774_1721619.jpg

玉山から16日に下山した日から5日間も毎日雨の日が続き昨日夕方
漸くと晴れ、今日は久し振りの晴れの一日になった。
早生の」レイシーが出始め1斤(台)80元前後で夏のシーズンの3倍も高い。
[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-21 17:25 | 台湾の高山植物、山野草の花
5/14 以前から気になっていた玉山登山の前線基地となる
排雲山荘の工事状況を確認する為に今回は登る。
4月の花の主役はシャクナゲだったが5月はツツジが主役
その他の草花の季節はまだまだ先になる。
前日の東埔山荘の夕焼けは良かった、明日はよい天気になりそうだ。
f0220774_14414545.jpg

早朝4時起きで4時40分にヘッドライトを付け山荘を出発
途中での朝焼けはまずまずで良い天気を予測させる。
f0220774_14431830.jpg

塔塔加登山口出発は5時半予定通り、三角に尖がった關山が南の方向に見える。
f0220774_1445836.jpg

紅毛杜鵑、金毛杜鵑の2種類のツツジが迎えてくれる。
f0220774_1447080.jpg
f0220774_14463840.jpg

3千メーターを超えると日当たりの悪いわ所でシャクナゲが未だ見頃に咲いて綺麗だ。
f0220774_144906.jpg
f0220774_14483190.jpg

暫く登り海抜が3400mに近づくと新しい排雲山荘が見えてくる。
f0220774_1450318.jpg

f0220774_1451620.jpg

排雲山荘の主の様なレインジャーの黄さんに入園証を提示し
排雲山荘で写真を撮っていると外階段の2階から見慣れた人が手を振っている。
工事元請け会社の黄ラオパンだった、まさか居るとは思わなかったので吃驚してしまった。
挨拶し話を聞くと完成検査の打ち合わせをしているとの事で手機(携帯電話)で
本社と打ち合わせで忙しそうだった。中に入りウーロン茶を御馳走になり
山荘内を見て回って見た、日本人的には完成とは言えない状況で90%程度だろうか
この状況では7月営業開始は難しそうな感触を得る。
f0220774_14585189.jpg

シャクナゲの花前線は海抜3600~3700m付近を上昇中の様に見えた。
天気は最高に良い状態で遠くの山々も良く目える、予定通り12時に下山を開始。
雷雨の心配も無いのでゆっくりと下山し花を観察しながら撮影して行く。
[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-18 15:03 | 台湾の高山植物、山野草の花

5/6-9 雪山登山と花

雪山のツツジ前線は現在2500m付近を上昇中で
雪山東峰での見頃は例年通り5月下旬が見込まれる。
f0220774_1951142.jpg

シャクナゲは4月の登山の時に東峰付近で見頃を迎えていて現在は
名残の日当たりの悪い株で花をさかせていて、これも5月下旬頃に
雪山頂上からカール底部に向けて見頃を迎える事でしょう。
今回は人との良い出会いが有り思い出に残る登山となった。
中でも原住民ポーターのボスの谷先生とは以前から友人の様な
感覚になり不思議な感じを受ける。
f0220774_19114638.jpg

登山口の武陵農場では今が新緑の良い季節を迎えている。
f0220774_19131169.jpg

f0220774_19141953.jpg

f0220774_19145220.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-11 19:15 | 台湾の高山植物、山野草の花
最終日があっと云う間に来てしまいお土産買い。
中興街(建国路)で乾物関係の問屋街へ行き買い出し。
f0220774_1651746.jpg

不二家でアヒルの卵の黄身の塩づけが入った中国菓子を30個も買う
冬瓜茶の素を6kgも買いどんどん重量が増えて行く。
日本円を台湾元に両替をした仲良しの一成銀樓のご夫婦と24年振りの再会。
f0220774_169567.jpg

昼食は鳳山の四川麺店へ地下鉄に乗り行く、しかし27日から8日も休みだったので
空振りに終わり近くの牛肉麺店で牛肉麺を食す事になった、味は落ち少しがっかりする。
f0220774_16115792.jpg

最後の晩はお世話になった人を招待し華王大飯店でバイキングの夕食をし閉めた。
f0220774_16141016.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-04 16:13 | 石さんの台湾物語
思い出の高雄市内を訪ねて歩く。
先ずは蓮池潭
f0220774_15513872.jpg

f0220774_15522685.jpg

中国菓子屋の不二家
f0220774_15545491.jpg

6年住んだ林森一路のアパート
f0220774_15533933.jpg

2年住んだ中国第一景マンション
f0220774_15554011.jpg

子供達が通った大同小学校も寄って見た。
帰りに台湾粽の名店成男生で懐かしの味を楽しむ。
f0220774_15583773.jpg
f0220774_15575320.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-04 15:59 | 石さんの台湾物語
沖縄の海の様に南国の海岸が楽しめるケンティンへ向かう。
生憎の天気でしたが太太は懐かしそうにしていて楽しそうだった。
先ずは猫鼻頭(マオピートウ)20数年前はただごつごつした
岩が有りその一つの岩が猫の頭に似ていたと云うだけの観光地だたが
今は駐車場と土産物屋が一杯出来て賑やかな観光地になっていた。
f0220774_14591588.jpg

f0220774_14595621.jpg
f0220774_14593737.jpg

その次に私の一番のお気に入り白沙湾へ。
昔は原住民の子供達しか海岸で遊んでいなかったのですが
現在いは立派なリゾート海岸になっていて砂浜はビーチパラソルが
一杯並んで若い人も多く遊んでいる、若い女性のビキニ姿もここで見られ目の保養になる。
f0220774_1545964.jpg
f0220774_1543230.jpg

f0220774_1552974.jpg

最後は最南端の燈台:ガランピー
f0220774_1562866.jpg

帰路大きな廟に寄り見学、この付近はピータンの名産地が有るとの事で
産直値段で可也易く買えるので皆大量に買い込んでお土産となった。
因みに14個で百元(300円)。
f0220774_15114496.jpg
f0220774_15111995.jpg

夜は塀東から曾さんと娘さんも加わり旗津で海鮮料理を堪能。
[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-04 15:11 | 石さんの台湾物語
台湾で一番の名店:阿霞(アシャー)に陳さんが昼食をご招待してくれた。
日本で云うと京都料理の老舗名店で台北の政治家やお金持ちが食べに来るらしい。
f0220774_14413841.jpg

f0220774_1442945.jpg

食事後は近くの廟と一番の台南観光地赤嵌樓を観光し高雄に戻る。
朝はホテル近くの公園を散歩しゆったりと楽しむ。
f0220774_1445374.jpg

f0220774_14462216.jpg
f0220774_14455224.jpg

台南に行く前に陳さんの家の近くの市場に行き見て回る。
手作り水餃子屋さんでは一家の女性陣が一生懸命に餃子を忙しそうに包んでいる。
f0220774_14492133.jpg
f0220774_1449450.jpg
f0220774_1448494.jpg

日本の倍以上大きそうなキスとアユも熱帯の色鮮やかな魚と並んで美味しそうだ。
f0220774_14522374.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-04 14:52 | 石さんの台湾物語

4/26 台湾観光第一日目

国営バスに乗り港町キールンへ行き九份行きバスに乗り換える、
料金は台北ーキールン(30分)55元、キールンー九份(45分)51元(153円)
バスツアーだと890元なので格安で自由に観光出来る。
f0220774_14191466.jpg

f0220774_14201271.jpg
f0220774_1419548.jpg

f0220774_14193752.jpg

台湾の草餅を食べてみる、あっさり餡子でまずまずの味。
せっかくなのでウーロン茶を楽しむ、しかし二人で800元とお高い
ホテルでバイキングのヂナーが食べられる値段だ、思い出になるから良いか?。
f0220774_14232952.jpg

併設の茶器のコレクション美術館を観賞し楽しむ。
f0220774_14241910.jpg

のんびり楽しみ来た道をバスを乗り継いで台北に戻り太太ご要望の故宮博物院へ
地下鉄とバスを」乗り継いで到着、料金は25元と15元。
博物院は大陸、日本、韓国の観光客でごった返しにこんでいてじっくり見れなかった。
f0220774_14274679.jpg

新幹線で高雄駅に到着、新しいので駅舎は斬新なデザインで立派だ。
今夜は高雄市で一番の高級ホテル華王大飯店に宿泊。
f0220774_14301714.jpg

f0220774_14285668.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2012-05-04 14:30 | 石さんの台湾物語