台湾の高山の花と山岳風景、日本での日常生活をお伝えします。


by xgxkk396
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

花之実(果子)

夏もピークを過ぎると花が実を着け始める。
小鳥にとってはご馳走だ、特に高山懸鉤子の実は小鳥が好きな様で
撮影する前に食べられてしまい中々撮影出来ない。
人も食べられる実だ、中々の食味でご馳走になる。
f0220774_10593563.jpg

台湾草苺ー花は白
f0220774_1103572.jpg

ヘビイチゴ:蛇苺ー毒は無いが味が無い為一般的に食べない、花は黄色。
f0220774_1114540.jpg

腰只花
f0220774_1171872.jpg

狭葉七葉一枝花ー黒い実は弾けると中から橙色の種が洗われる。
f0220774_11101186.jpg


本来は今日から5日間雪山に登る予定でしたが台風11号が台湾を狙って進んでいるので
当然入山入園禁止令が出ている、残念。
[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-28 11:13 | 台湾の高山植物、山野草の花

晩夏玉山之花

日本ではお盆が過ぎ夏の暑さも峠を過ぎ少しずつ涼しくなる季節
玉山の搭搭加から排雲山荘までの花の撮影登山。
阿理山でも見られる射千菖蒲、日本の名前は思い出せない平地で見られる花。
f0220774_16531675.jpg

十字郷手前の落石工事現場で20分待たされた時の撮影:ネムノキ(合歓之木)
f0220774_1655938.jpg

これも日本では平地で見られる花:間型沿階草-龍之髭リュウノヒゲ
f0220774_16561999.jpg

東埔山荘付近と塔搭加への道で多く見掛けた長梗盤花麻、赤い蕾の塊で花は白い
f0220774_1705868.jpg

搭搭加への道に多く咲いている虎杖:イタドリ
f0220774_1745276.jpg

イタドリのピンク色タイプ:メイゲツソウ
f0220774_1754281.jpg

釣鐘型タイプの花で下向きに咲いているので中々顔が見えない玉山沙参
f0220774_178381.jpg

f0220774_179343.jpg

中々見られない2連の台湾百合
f0220774_17101148.jpg

秋を感じさせるキオン:黄菀
f0220774_17115368.jpg

黄色が鮮やかなオトギリソウ:玉山金絲桃
f0220774_17133213.jpg

広い範囲で見られる台湾繍線菊
f0220774_1715133.jpg

花の形が特徴的なナデシコ:玉山石竹
f0220774_17164885.jpg

そろそろ終わりの小白頭翁
f0220774_17191873.jpg

花が終わると実が成り弾けると中から綿毛が飛び出す。
f0220774_17222799.jpg


8/26現在フィリピン沖に台風が有り台湾に向かって週末に掛け進んで来そうなので
8/28からの雪山5日間の登山は行けそうも無い...残念。
[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-26 17:27 | 台湾の高山植物、山野草の花

what is this flower ?

f0220774_16404914.jpg

f0220774_16411318.jpg

菊科ウスユキソウの仲間の様だ、葉が綿毛に被われている
葉の形は面長なスプーン形でタカネヤハズハハコに似ている
花はヤマハハコに似ている。
台湾の5冊の高山植物の図鑑を調べても分からない。
6月初旬の薄雪草
f0220774_16454810.jpg

7月下旬の薄雪草
f0220774_16462670.jpg

8月のヤマハハコ:抱莖籟䔥-白花香青
f0220774_16473160.jpg

これも薄雪草の仲間らしい尼泊爾籟簫
f0220774_1648972.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-24 16:51 | 台湾の高山植物、山野草の花

私達小粒でも美人です

日本では夏の花が終わり秋の花が咲く頃(8/19)
在日本夏天的花結束和時間秋天的花開花的季節

玉山登山道に咲いていた小さい花だけれども可愛く美人の花を紹介します。
然而它是小花,它在玉山山攀登的道路開了花秀麗花是被介紹的可愛的

名前は分かりません。花之名字是不知道

f0220774_10503923.jpg

f0220774_10512630.jpg

f0220774_1051508.jpg

f0220774_10521949.jpg

f0220774_10523750.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-23 10:59 | 台湾の高山植物、山野草の花

什麼動物的大便?

19日の登山道で発見した動物の大便、日本の鹿の糞に似ている。
下山後レインジャーに聞いたところ鹿の一種で中国名は山羌:shan qiang との事。
f0220774_21334963.jpg

鳥の生息数は多い様に感ずる、中でも人を余り怖がらない
金翼白眉は両足でぴょんぴょんとカンガルーの様に地上を走る。
f0220774_21372124.jpg

リスは日本の物より一回り大きく黒っぽい、可愛げはない。
f0220774_21384128.jpg


小鳥と動物の個体数は雪山より多い様に感ずる。
雪山では未だ動物の糞等の痕跡に出会っていない。
[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-22 21:41 | 山岳写真
現在の荷揚げ資材は骨組みの鉄骨は荷揚げ完了し、
床と羽部に使う鉄筋コンクリートの資材を荷揚げしている。
鉄筋
f0220774_17402891.jpg

搭搭加上空を鉄筋を吊り下げ排雲山荘に向かうヘリコプター
f0220774_17415340.jpg

砂利は日本に比べ小粒で砕石の様だ。
f0220774_1743838.jpg

砂は山砂を使っている様だ。
f0220774_17441549.jpg

セメントは現場での天候と保管を考慮しビニールシートに包まれている。
f0220774_17454921.jpg

飛行前の最後の点検と打ち合わせ風景。
f0220774_17463617.jpg

山荘に接近するヘリコプター
f0220774_17481567.jpg

ホバーリング荷降ろし作業中。
f0220774_1748571.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-22 17:49 | 山岳写真

現在的排雲山荘工程内部

8月19日現在の排雲山荘の工事内部状況
f0220774_17331897.jpg

f0220774_1734125.jpg

f0220774_17344685.jpg

f0220774_17355059.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-22 17:36 | 山岳写真
3千メーターを越える高山での建築工事では突風が怖い。
一つ間違えば大きな事故につながる危険と隣り合わせの仕事になる。
ヘリコプターのホバーリング時の吹き下ろしの風は強烈だ
写真でも土埃が舞いあがっているのが判る。
f0220774_1733067.jpg

ヘリコーウターの強烈の風に耐え指示を送る現場監督。
体の傾きで風の強さが伝わってくる。
f0220774_175268.jpg

荷揚げされた荷のフックを外し持ち帰りの荷にフックを掛ける。
これもヘリコプターの直下で強風に煽られながらの素早い作業で
緊張感が伝わってくる。
f0220774_1792183.jpg

ヘリコプター上昇、退避する2人。
f0220774_17105113.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-22 17:11 | 山岳写真

現在的排雲山荘工程

19日早朝am4:50東埔山荘を出発し搭搭加登山口にam5:35到着
途中ヘッドライトを点け歩いていると国家公園の車2台に追い越される。
オイライさんの大名登山の様子だ。
本来は入園証、入山証は玉山西峰登山なのだが往復13時間かかるので
夜中の3時に出発しなければならないので当初より排雲山荘までと決めていた。

搭搭加より4時間後目的地の排雲山荘に到着順調な登山だ。
山荘近くになり樹林の中に排雲山荘の鉄骨の構造物が顔を覗かせている。
f0220774_12285051.jpg

ヘリコプターの轟音が上空に聞こえる。
f0220774_1230502.jpg

現場監督の無線通信と手信号でヘリコプターと連絡を取りながら機材を降ろす。
上空のヘリコプターらの風は強烈で現場作業は可也危険だ、
ヘリは時々風で煽られ左右に揺れている、此方も落下の危険が有り大変だ。
f0220774_12322954.jpg

組み上がった鉄骨の構造物、未だ2/3程の完成度だろうか。
f0220774_12364476.jpg

f0220774_12372163.jpg

晚了是排雲山荘的建築情況在當前條件檢查成為關注的問題和在8月19日上山

卸載乘直昇機從上東埔停車區這個夏天由天氣傾向,并且看起來有利地推進進展。 關於鋼筋混凝土當前卸載的材料內容: 出來在建造場所的小塊木頭在水泥、石渣、沙子和被加強的回歸被降下

排雲山荘的建築海拔3400m大概現在將是怎麼,當排雲山荘得到近,您能核實鋼框架的結構從森林的中間,它似乎2地面部分框架。 當它到達在地點時,出現鋼框架團結并且有上升的大約2/3。 終於,因為技巧一點是可看見的,您被移動。 關於氧氣至於為2/3氣溫近似平地的凌晨5℃,至於為氣溫10時早晨,當它在嚴厲環境裡變得冷的10℃風是強的時,此外至於為感覺溫度,工作如此苛刻地是

吹翱翔敲響直昇機的狀態至於為被降下是強烈的風,地球人成為非常危險情況,站點監督員寄發信號卸載到飛行員與無線機,并且胳膊和直昇機的手勢和,當您工作卸載和卸載時,風是強的,期望感覺此外輕浮和垂懸被扇動的行李和危險增量,它工作打開生活站點每個位子。 當風是強的時,至於為下落的增量和飛行員的直昇機危險是需要的經驗,并且技巧的技術,飛行員是40~50年世代的退伍軍人飛行員

鋼框架團結的,大約2/3團結,并且推進上升和2地面部分伏特或螺栓現在擰緊的工作,它被認為作為從現在起推進到地板和牆壁鋼筋混凝土距離的事。這個工作在2個月9,10個月對某處您大概將完成,如果颱風不來,它是好,但是。幸運這個夏天傾向對天氣的它似乎

這個天玉山國家公園管理処隊十個人來了到排雲山荘的建築情況的檢查。多數它被認為作為適當的事與臺灣標誌的高山成為玉山主峰頂山攀登的基地有大眾化排雲山荘的建築進展成為關注的問題。 在出席條件下至於為主峰頂山攀登的單製造的玉山 (同日返回在山攀登)是牽強的,當塔塔加- 玉山主峰往返22km12時間,它時是從東埔山荘,因為28km14時間和它有成為的苛刻山攀登,爬山者是少數。

當與日本南北阿爾卑斯從月的9個結尾它進入時被設色的秋天的季節在高度附近留下3000米并且是雪開始得到的10月,也早晨氣溫,并且平衡是低於凝固點的非常嚴密成為了,事實反雲彩山別墅前進的建築迅速是只被祈禱
[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-22 12:42 | 山岳写真

玉山主峰ー好久没見

晩夏の玉山の花を求め一カ月振りの玉山を登る。
前回は玉山前山の予定が天気が悪く小雨が降っていたので
白木林手前で引き返し撮影も雨で思う様な撮影が出来なかった。
今回は天気に恵まれ海抜3400mの排雲山荘までは辿りつけた。
早朝am4:50東埔山荘を出発未だ暗いのでヘッドライトを点け歩く
大鐡杉を過ぎる頃には明るくなり空が赤くなっていた。
登山口の搭搭加にはam5:35に到着5分休憩後に出発。
am9:50に排雲山荘に到着。

久しぶりの玉山主峰を目の前に出来た、3千メーターを越えると
漸く玉山主峰が姿を現してくれる、それまでは山に隠れ主峰は見えず
圓峰と玉山南峰連峰が見えるだけだ。
f0220774_1245155.jpg

今回の登山で一番逢いたかった花:ホトトギスー高山油點草
海抜2600~2700mで咲き始めている。
日本のホトトギスと同じように見える。
f0220774_12551736.jpg

2500~3400mまで見られる矮菊:ヒメキクタビラコ
f0220774_12573711.jpg

玉山沙蔘ー花が幾つか連なって咲く。
一株に一つ咲くのは高山沙蔘これは雪山で見掛けられる。
f0220774_1311292.jpg

黃菀
f0220774_1322979.jpg

8月19日の東埔山荘の阿理山山脈の夕焼け。
f0220774_1334877.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2011-08-21 13:04 | 台湾の高山植物、山野草の花