台湾の高山の花と山岳風景、日本での日常生活をお伝えします。


by xgxkk396
カレンダー

<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

8/29 明野の初秋

未だ猛暑が続く毎日、しかし空気のかすみが無くなり
山がスッキリ見える様になる。

f0220774_850157.jpg

夕焼けでも山が見える様になる。
f0220774_8512169.jpg

秋の花月見草も似合う様になる。
f0220774_8521611.jpg

ワイン様のブドウももう直ぐ収穫の時期を迎える。
f0220774_8532074.jpg

遠くから見ると白いソバの花も雄しべの先がピンクの点のアクセント、
中々の美人に見える。
f0220774_8584558.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-30 08:59 | つれづれ

8/27 金ヶ岳

裏山の様な金ヶ岳登山をする。
標高1050mの登山口までバイクで行き
そこから尾根に出る2km2時間は殆ど直登で結構きつい。

しかし道すがらの山野草の花が気を紛らわせてくれる。
木漏れ日の雑木林を登って行く。
f0220774_2101626.jpg

小さな黄色と白の花ママコナの同系統の花キリシマママコナ。
f0220774_212390.jpg

ハクサンフウロも結構咲いている。
f0220774_2133860.jpg

目立たないがミヤマタニワタシも所々で咲いている。
ホツツジは花びらがくるっとカールしたのが面白い。
f0220774_2163010.jpg

ミヤマモジズリも結構見掛ける。
f0220774_2175815.jpg

山頂付近になると岩場にオオビランジの群生が見られる。
イワザクラの様に花びらの先が二股に割れが有る
しかし葉は笹の様に細長い。
f0220774_21113615.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-29 21:12 | つれづれ
8/25 今日も暑さが続く、昼から涼を求め標高1200mの
清里清泉涼の牧場に我が家の愛犬2匹を連れクルマで向かう。

陽の当るところは矢張り暑い、しかし木陰に入ると風が心地よい。
牧場でのドックランは出来ないので木陰の道を犬と散歩
気持ち良さそうに木陰を散歩している犬。
f0220774_16553186.jpg

左がボーダーコリーのJJ右がシェパードとポインターの雑種のジュリー
お利口さんにポーズをとり記念写真に収まる。
この写真を撮ってくれた女子大生は日大の獣医の卵で横浜の出身で
高校は私と同じ横浜市と云う事で話が盛り上り
愛犬を出汁に楽しい時間を過ごす事が出来た。

色々な花が見られるが殆どは園芸種の様である。
f0220774_16591074.jpg

f0220774_16593426.jpg

f0220774_170264.jpg

f0220774_1702434.jpg

f0220774_1705052.jpg


帰りに道路向かいに有るパン工房でお気に入りのクルミとレイズンのパンと
色々なパンをお土産に買って帰路に就く。
[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-26 17:07 | つれづれ

甘利山の秋の花

野菊が咲き始め山は秋の季節になりつつあります。

ゲート上では白い清楚な菊の花が咲き
f0220774_2114395.jpg

伸ばしたツタに赤紫の着物の柄を思わせるクズの花
f0220774_21161482.jpg

キバナアキギリは紫の髭が印象的
f0220774_21174048.jpg

鮮やかな黄色のキオン
f0220774_21183182.jpg

水辺で青紫のサワギキョウがすっくとたたずんで水面に映えて立つ。
f0220774_21204142.jpg

目立たず見付けにくいツルニンジン
花びらの内側の模様が面白い。
f0220774_2122723.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-25 21:22 | 甘利山の花

8/22 甘利山の花

8/22 昼食後暑さを逃れるため甘利山に向かう。
最後の橋を渡ると木々のトンネルになり急に涼しくなる。

ここからはタマアジサイが多く見られる。
ツルニンジンのつぼみを漸くと見付ける、例年より右にツルを伸ばしていた。
f0220774_9145783.jpg

盗掘されもう見られないと思っていたヤマホトトギスが
思わぬところで発見早速撮影。
f0220774_9164762.jpg

レンゲショウマは今年最後の撮影、気合いを入れ何枚も撮る。
伸びた枝先に提灯の様に吊下がり咲く白と紫の花は和風美を感ずる。
f0220774_9202927.jpg

清楚な白いウメバチソウ上品さを感ずる。
f0220774_9221919.jpg

ハクサンフウロとヤマハハコの色のコントラストが爽やかな雰囲気を造っている。
f0220774_9263429.jpg

ピンクのカワラナデシコとハクサンフウロ
両方とも長い期間花が見られ山をにぎわしてくれる。
f0220774_9284084.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-23 09:29 | 甘利山の花

八ヶ岳山麓美濃戸

8/20 バイクで八ヶ岳山麓の登山口:美濃戸に
1時間半かけ行く。
 美濃戸入り口で神代桜でお会いして以来の
登山家の田部井さんに再会。
二十数名の女性を連れ八ヶ岳に登るとの事
本日の目的地は赤岳鉱泉小屋との事でした。
小柄で目立たず一般の人では有名人とは気が付かないでしょう。
 小生はバイクでコースタイム50分を登る、悪路で乗用車ではキツイ。
標高1700m先ず迎えてくれたのはクサボタン
f0220774_9394823.jpg

f0220774_9411321.jpg

一番目立った花は黄色いサワギク
f0220774_9422539.jpg

ピンクの入った紫色のミヤマモジズリ
以上が北沢コースで目立った花。
f0220774_9454980.jpg

クルマユリ
f0220774_9465655.jpg

甘利山には無いミヤマホツツジ
f0220774_9481846.jpg

帰路富士見高原で美味しいブドウとクルミの入ったパンを買おうと寄ったが
一日4回の焼きは全て予約済みで変えず他のパンを買い家路に就く。
[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-21 09:52 | 山野草高山植物
猛暑がブリ返り何時までこの暑さが続くのだろうか?。

今日も入道雲がニョキニョキ湧きあがったが夕立ちは来なかった。
f0220774_23164855.jpg

遅いヒマワリの花が暑苦しそうに見えてくる。
f0220774_2317444.jpg

そろそろ秋桜にバトンタッチしてほしい今日この頃。
f0220774_231961.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-18 23:19 | つれづれ

8/15 夏の花火

韮崎の花火の撮影で6時半にバイクで向かう
街中は既に車と人の渋滞が始まっていた。

飲料を買いに寄ったコンビニはお客さんでごった返し
お祭りの賑いを感ずる。

人の少ないだろう船山橋南側で三脚を立てその時を待つ。

昼間の暑さがまだ地面から伝わって来てのどが渇く
日没後の武田橋と八ヶ岳。
f0220774_10563127.jpg

花火1
f0220774_10572568.jpg

花火2
f0220774_10581172.jpg

花火3
f0220774_10585490.jpg

花火4
f0220774_10594082.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-17 11:00 | つれづれ

羽衣を脱いだ妖精

羽衣を脱いだ妖精が姿を現わしたように
タマアジサイの花が咲いていた。
花を被い白い手毬の様な蕾が開くと薄紫の妖精たちが
現れる。一つの物語が出来そうな咲き具合。
中々この様な咲き姿にはお目にかかれない。
f0220774_10514990.jpg

毎年同じ場所で咲いてくれるのが嬉しいシデシャジンジン
造形的な花の形が面白い。
f0220774_110733.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-16 11:00 | 甘利山の花

8/13 の甘利山の花

クササギの花は余り人気が無い
壺状のガクから赤く伸びた先に白い花が咲く。
不人気の原因はどうも癖のある匂いに有る様だ。
f0220774_19215766.jpg

此方は人気の高いレンゲショウマ
蕾は白色で提灯がぶら下がっている様で造形美を感じさせる
白い釣鐘状の花の先端は青紫で気品を感じる。
花の麗人。
f0220774_19255691.jpg

下の花びらに2つのご飯粒を載せた様な形から
ママコナ(飯子菜)の名前が付いたと云われている。
f0220774_19282744.jpg

3mm程の形が面白いピンクの花のヌスビトハギ
この時期は背いく場所により花と特徴的な実が同時期に見られる。
f0220774_19312381.jpg

f0220774_19314974.jpg

麩入りの葉と薄いピンク色のミヤマウズラ
花も茎も毛だらけ。
f0220774_19341949.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-08-14 19:35 | 甘利山の花