台湾の高山の花と山岳風景、日本での日常生活をお伝えします。


by xgxkk396
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

5/28 今日は朝から快晴

今日は朝から快晴で鳳凰山がスッキリ見える。
横着で庭から撮影。
薬師観音岳の雪は大分融け黒い部分が多くなってきました。
f0220774_11585716.jpg

甲斐駒ケ岳の雪は殆ど見られなくなり夏の姿になりました。
f0220774_11595282.jpg

暫く山に籠りますのでブログは10日程お休みになります。
無事下山出来れば6月6日にブロブ再開予定になります。

その頃は甘利山のツツジの撮影の季節になるでしょう。
[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-28 12:03 | 山岳写真
5/27 さわら池のツツジの花の様子を見に行く。
レンゲツツジの蕾が膨らみもうすぐ咲きそうな感じになりました。
例年より1週間は遅れているのでは。
f0220774_1015587.jpg

ヤマツツジも咲きそうです。
f0220774_10164233.jpg

グリーンロッジの白樺の新緑が綺麗になりました。
f0220774_10175985.jpg

甘利山頂上周辺では一足早くミツバツツジが見頃になりつつあります。
f0220774_10192466.jpg

ミツバツツジ アップ
f0220774_10202368.jpg

レンゲツツジのつぼみは少し開き始めた物も見掛けられる様になりました。
f0220774_10214393.jpg

ヤマツツジの赤いつぼみが膨らんで来ました。
いよいよ6月に入りツツジの季節になりそうです。
f0220774_1023214.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-28 10:23 | 甘利山の花

3美人

山野草の美人を求め山に入る。

1年振りの再会のピンク色が鮮やかなコイワザクラ。
f0220774_78455.jpg

これは珍しいヤマシャクヤク
開こうとする白く丸みをおびた花びら
黄色のガクが鮮やかで奥に赤の模様も見え取って置きの美人。
f0220774_711124.jpg

今年はツバメオモトは多く見かけたが
これは特に美しくたたずんでいた、整った葉のフォルム
花が妖精が舞っているかの様に咲いていた。
f0220774_7153014.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-28 07:16 | 山野草高山植物

5/24 雨上がりの彩雲

昼間の雨が上がり夜半に彩雲が現れ
三脚を庭に据え消えては現れる彩雲の名月を撮影。
f0220774_2250335.jpg

f0220774_22505574.jpg

明日は良い天気になりそうな夜空
[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-24 22:52 | つれづれ

5/22,23 鳳凰山

今回は南御室小屋までの登山、
夜叉神峠からの白峰三山は先週に比べ大分雪解けが進んでいる
カラマツの新緑がようやく良い色になっていた。
f0220774_912969.jpg

奥山で春一番に大きな緑の葉を見せてくれるミヤマバイケイソウも
南御室ではまだ新芽がひょっこり出たばかり。
f0220774_915454.jpg

春の積雪のある樹林では木が発する熱で木の回りの雪が解け
面白い模様に見え春を告げています。
f0220774_918352.jpg

23日早朝6時に南御室では雪になりアッと云う間に
冬の雪景色になってしまいました。
f0220774_9194494.jpg

しかし標高2200m以下では雨になり
シラビソの樹林が雨で煙幻想的な雰囲気を醸しだしていました。
f0220774_922895.jpg

焼け跡から杖立の樹林内の苔の中で白いバイカオウレンが
鮮やかに目に飛び込んで目を楽しませてくれます。
f0220774_9241273.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-24 09:24 | 山岳写真

5/21 の甘利山の花

5/21 頂上周辺の広い標高の範囲で白い花が目立つオオカメノキ。
f0220774_8482129.jpg

朱色の花が目立つこの時期のクサボケ
f0220774_8495544.jpg

フデリンドウは日が当らないと花を開くず
小さいので探すのは至難の技になります。
f0220774_8514268.jpg

しかし陽がさす天気になるとこんなに咲いていたのかと驚く程見つかる。
f0220774_8531660.jpg

白花のエンレイソウも見頃になり爽やかに咲いています。
f0220774_8545010.jpg

甘利山頂上付近のカラマツの新緑が良い色になりました。
f0220774_8555750.jpg

奥甘利のカラマツも新緑が綺麗になり向こうに八ヶ岳もみえます。
f0220774_8573951.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-24 08:58 | 甘利山の花

5/18 の甘利山の花

5/18 甘利山栗平のヤマツツジが見頃
標高は千m弱ですので頂上で見られるのはまだまだ先。
例年より1週から10日遅れの感じの状況です。
f0220774_1213358.jpg

標高1300m台のさわら池のレンゲツツジはツボミがまだ開かず
2週間先に見頃になるのではと思います。
f0220774_1232829.jpg

同上地区でコミヤマカタバミの白い可憐な花が咲き始めています。
f0220774_1243653.jpg

同じくさわら池のウスギヨウラクの地味な小さい花が少しピークを過ぎた状況。
f0220774_126956.jpg

甘利山頂上周辺ではツバメオモトの小さな白い花が咲き始めています。
f0220774_1272412.jpg

今年は白花のエンレイソウが非常に多く見かけられます。
f0220774_1284627.jpg

ウスバサイシンは数的には例年通り。
f0220774_1295566.jpg

赤く小さなコヨウラクツツジが見頃。
f0220774_12111575.jpg

花の小さなフジザクラも見かけられます。
f0220774_12121688.jpg

標高千の新緑が見事でウワミズザクラの白い花が大木に咲き目立ちます
その向こうに富士も霞みながらも姿を見せてくれました。
f0220774_12142647.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-19 12:15 | 甘利山の花
日本第2峰3193mの北岳、バットレスの雪が大分無くなり
黒い岩肌が見える、北岳山開きまで後1ヵ月の姿。
f0220774_830276.jpg

第4峰の間ノ岳3189m 因みに第3峰は北アルプスの奥穂高岳
f0220774_8322494.jpg

白峰三山全貌
f0220774_834119.jpg

観音岳残雪斜面の向こうに八ヶ岳連峰。
f0220774_8352627.jpg

薬師岳
f0220774_8362651.jpg

辻山のシラビソ樹林に残る残雪
f0220774_837315.jpg

夜叉神峠より間ノ岳と北岳、カラマツの新緑は10日先が見頃か。
f0220774_841884.jpg

夜叉神登山口付近(標高1400m)は山桜がまだ見頃で
新緑がピークを迎えている。
f0220774_8432075.jpg

今回の登山では山小屋のオーナーからザックの背負い方を教わる。
今までは腰ベルトを使わず肩が痛くなっていたのですが、ザックは腰で背負うのだと
理解する次第でした。
これで肩の痛みは問題解決。
今回2つ目の勉強点は2本のストックの使い方とその効果を実体験出来
使い方を研究しマスター出来たのではと実感する。
これにより膝と脚への負担軽減が実証され、筋肉痛は起きなかった。
今回は成果あり。
[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-18 08:52 | 山岳写真

4/15残雪の 鳳凰山

4/14 は一日中山が雲に覆われる中6時間かかり
薬師小屋に到着する。

4/15 の日の出はam4:30.
日の出前の4時頃に目は覚めたものの撮影する気力が無い。
小をしてからやおらカメラを取り出し近場の砂払に向かい撮影開始
しかし既に日の出から10分経過してしまい
ご来光と朝焼けのシャッターチャンスは逃してしまう。
朝焼けの北岳。
f0220774_23588100.jpg

薬師岳の朝焼けーダケカンバの枝が赤く染まる。
f0220774_23592249.jpg

am5:30の朝食をゆっくり済ませ6時に観音岳に向かう。
ダケカンバの枝は霧氷で白くなっているその向こうに
残雪の薬師岳と富士が定番の構図で御挨拶。
f0220774_032887.jpg

f0220774_042972.jpg

f0220774_04542.jpg

9時前に下山開始、見納めの富士を砂払から撮影。
f0220774_064715.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-17 00:07 | 山岳写真
夜叉人峠登山口から標高2300mの焼け跡まで
歩き咲き始めの山野草の撮影をする。

まずは小さなニリンソウが小さな提灯の様に咲き
花びらのピンクが可愛い。
f0220774_7491059.jpg

地味なルイヨウボタン
f0220774_7501570.jpg

小さく踏みつけそうになるクリンユキフデ
f0220774_7515572.jpg

足元だけを見ていると見逃しそうなアセビ.
f0220774_7531042.jpg

林の中で大きく目立つオオカメノキの白い花。
f0220774_7564027.jpg

ヒメイチゲ
f0220774_7571743.jpg

エイザンスミレ
f0220774_758645.jpg

バイカオウレンー苔の中から花が見える。
f0220774_7593552.jpg

ウスバサイシンー枯葉に花が埋もれているので
葉を見付け枯葉を掻き分けて花を見付けるのがコツ。
f0220774_813391.jpg

ネコノメソウは標高の高い所の花の方が黄色が鮮やかで美しい。
f0220774_824671.jpg

標高2千m以上ではまだ花は見らえない。
f0220774_84972.jpg

[PR]
by xgxkk396 | 2010-05-13 08:04 | 山野草高山植物