台湾の高山の花と山岳風景、日本での日常生活をお伝えします。


by xgxkk396
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7/26 雪山1号圏谷(カール)の高山植物の花

7月26日雪山登山第3日目
早朝5時過ぎの朝焼けの撮影を終え軽く朝食をし6時に海抜3100mの369山荘を出発
天気は晴れ撮影しながらの登山なので標準タイムよりゆっくりの行程になる。
8時前に雪山大號圏谷:カール底部に到着休憩
f0220774_8362841.jpg

雪山カールを3800m付近から俯瞰。
f0220774_8373965.jpg

この休憩ポイントには小鳥が寄って来る、人が来ると餌に有り付ける事を
学習したと思われる。 鳥の名前は金翼白眉、翼に金色の模様が有り
目の上下に白い線の模様が有る。大きさはツグミ程度だろうか。
f0220774_8412898.jpg

海抜3600m~3800mで見掛けた可愛い花達をご紹介します。
6月のシャクナゲが咲いている6月初旬にも見掛けた薄雪草
f0220774_8453037.jpg

奇莱紅蘭
f0220774_846374.jpg

一度は会いたかった可憐な花尼泊爾籟簫
f0220774_847568.jpg

小米草の黄色タイプの南湖砕雪草(南湖小米草)
f0220774_8504439.jpg

これも御目にかかりたかった花玉山蠅子草
f0220774_8525327.jpg

小さな可憐な白い花で群生で見れる南湖附地草。
f0220774_8553361.jpg

菊と思われるのですが蘭の名前が付いている雪山馬蘭
3700mの高山の岩場の隙間に根を張りしっかりと花を咲かせている。
f0220774_8592224.jpg

こんな高い山で見るとは思わなかったウメバチソウ:梅花草
f0220774_912040.jpg

花はシオガマギク:南湖篙草 なのですが葉が日本の物とは違っている。
f0220774_933660.jpg

タカネナデシコ:玉山石竹
f0220774_95298.jpg

富士山で云うと8合目からの胸突き八丁で苦しい登りなのだがこの様に豊富な
高山植物の花達が目を楽しませてくれる。
氷河時代の痕跡のカールには多くの高山植物が生き延び今も花を咲かせてくれる。
[PR]
by xgxkk396 | 2011-07-29 09:10 | 台湾の高山植物、山野草の花